実績のあるスポーツ選手を紹介

MENU

岸副哲也の骨格ゴルフとは?

骨格ゴルフはティーチングプロとして活躍されている岸副哲也さん監修のゴルフレッスンDVDです。骨格ゴルフは既に多くのメディアでも取り上げられている上、現役プロからの推薦もあります。そんな骨格ゴルフの特徴について少し紹介していきます。

 

岸副哲也さんのレッスンでは上手い人全てに共通しているポイントを重点的に強化・改善していきます。具体的には体の使い方 、タイミングの取り方 、骨の意識の仕方などです。これらのポイントは今の才能やセンスと余り関係が無いので、安心して取り組んでいけます。

 

ゴルフは中高年の方に多く愛好家がいらっしゃいますので、岸副哲也さんの元にも中高年の方から悩みが寄せられます。中高年の多くは年齢と共に飛距離が落ちるのは仕方がないと考えています。一方で年齢を重ねてからでも、スコアを伸ばす人もいます。そんな年齢を重ねてからスコアを伸ばす人達は、プロと同じ体の使い方でクラブを扱っているのです。岸副哲也の骨格ゴルフにはプロと同じ体の使い方や骨の動かし方が身につく練習法が詰め込まれています。小手先のスイング理論より正しい体の使い方を習得する方が重要なのです。

高島誠の投手パフォーマンスラインとは?

高島誠は野球業界のトレーナーで、Mac’s Trainer Roomという野球肩肘専門のジムを運営しています。オリックスバッファローズの専属トレーナーやメジャー選手のトレーナーをしていたこともあります。トレーナーとしての実績は十分にあります。高島誠も野球経験はありますが、怪我で選手生命を絶たれたようです。それがきっかけとなり、トレーナーを目指すようになったということです。

 

現在では学生や社会人プレーヤーのトレーナーも務めているようです。高島誠はパーソナルトレーナーとして、幅広く活動しています。最近になって、高島誠が手がけた野球教材で、投手パフォーマンスラインという教材があります。投手パフォーマンスラインはDVD2枚組みの教材で、怪我をしにくい体造りやトレーニングの方法などが学べます。やみくもに練習すれば、故障の原因になります。高島誠のようなトレーニングの専門家が監修した教材で学んでから、練習や実践経験を積む方がいいでしょう。

プロサーファーの小川直久とは?

今回、クローズアップするアスリートは、小川直久というプロサーファーになります。小川直久は過去3度にわたりASPアジアチャンピオンに輝いています。サーフィンをやっている人なら、小川直久を知らない人はいないのではないでしょうか。しかし、一般的にサーフィンをやっていない人にとっては、知名度は低いかもしれません。小川直久は1991年にプロテストに合格、現役のプロサーファーです。

 

最近ではサーフレッスンなど後輩の育成活動にも積極的なようです。小川直久プロに直接会って指導を受けることができる機会は限られています。予定が合わなかったり、遠方などが理由でレッスンに参加できない人も多いでしょう。誰でも小川直久のサーフィンが上手くなるノウハウを学べるように、サーフィン上達プログラムというDVDが販売されています。小川直久のサーフィン上達プログラムはどちらかといえば、初心者向けかもしれません。あるいは中級に差しかかっている人、伸び悩んでいる人にお勧めのサーフィン教材です。

杉山貴子のダブルス必勝法とは?

この記事では、杉山貴子という草テニスの女王と呼ばれているテニスプレイヤーとテニス教材を取り上げたいと思います。杉山貴子はテニストーナメントで優勝したり、書籍も出版しているので、テニス業界では、知られている人物です。テニスは部活動や社会人にも人気があるスポーツです。プロテニスは、錦織圭が2014年の全米オープンで活躍したため注目されるようになりました。その影響もあってか、テニスを始める人も増えているそうです。ここでは初心者のための草テニス教材を紹介します。

 

杉山貴子がプロデュースしたテニス教材で、「ダブルス必勝プログラム」があります。これは、草テニスのダブルス向けの教材という、ニッチな分野の教材です。この教材はパソコンやスマートフォンで見る動画プログラムになります。以前はDVDで提供されていたようですが、動画ストリーミングに変更になっています。テニスのダブルスで勝ちたい、実力アップを図りたいという人は、杉山貴子のダブルス必勝プログラムを購入して、勉強するといいですよ。

愛甲猛の少年野球バッティング上達法とは?

プロ野球選手として活躍するためには、少年野球の頃から腕を磨くために練習をすることが必要です。バッティングは野球という競技のなかでも、重要な要素だと考えられます。少年野球のバッティングを上達させるための教材として、愛甲猛がプロデュースした野球教材があります。愛甲猛はロッテにドラフト1位で入団、その後中日ドラゴンズに移籍、2000年に現役を引退している元プロ野球選手です。現在では野球評論家や少年野球の指導、会社経営などをしているようです。いろいろな活動をしていますね。そのなかで、少年野球向けにバッティング教材をプロデュースしているので、ここでは、その野球教材を紹介したいと思います。

 

愛甲猛のバッティング教材は、DVD形式で動画を見て学ぶ教材です。最短でバッティングが上達するための方法や練習法が収録されています。実績のある愛甲猛のような元プロ野球選手が監修した教材となると貴重です。しかも、少年野球向けなので、早い段階で身に着けておいた方がいいと思われるバッティング技術が満載です。愛甲猛のバッティング教材は、少年の野球人生に大きな影響を与えるでしょう。